思うままに、気の向くままに

希望の光

何も見えない


何も聞こえない


暗闇の中


一人ぼっち


寂しくて


泣きたくて


もがき苦しんで


そんな時


君が一筋の光を


与えてくれた


希望という名の


暖かい光を



※過去に作った作品

読んでいただき有り難うございます

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。