思うままに、気の向くままに

ありがとう

「ゴメン」


あなたが私にくれた最後の言葉


気付いていた


あなたの中に私の居場所がもうないことを


「わかった」


私があなたにあげた最後の言葉


涙は出なかった


消え行くあなたの後ろ姿に


心の中でつぶやいた


「ありがとう」


その瞬間


涙が溢れだした


そして気がついた


私はこんなにも彼を愛していたんだ


あなたの後ろ姿に


もう一度つぶやいた


「ありがとう」




※過去に作った作品

「ありがとう」の意味

捉え方はひとそれぞれだと思います。

読んでいただき有り難うございます。

約束の夏

火傷しそうな砂浜


裸足で駆けてく


水着姿の君が眩しかった夏


夜空に咲く大輪の花


二人で見上げる


浴衣姿の君が眩しかった夏


君と出会い恋をした夏


「来年も一緒にこようね」と約束した夏


夕日の沈む浜辺で君を待ち続ける


今日も明日も明後日も...


二度と戻らない約束の夏



※もうすぐ?もう?夏ですね

皆さんには忘れられない

夏の思い出ありますか?

読んでいただき有り難うございます。

身近にあった運命

いつもの遠くばかり見ていた


夢だけを追っていた


つまらない事でケンカして


お互い素直になれなくて


たった一言「ゴメンネ」が言えなくて


気付かなかった


君がいつも隣にいた事を


隣で支えていてくれた事を


離れて初めて気付くこの想い


まだ間に合うだろうか


たった一言


今すぐ伝えにいこう


『君を愛している』


君を失いたくない


君が一番大切だから



※読んでいただき有り難うございます